中学1年生の春から勉強を始めました。

このグラフは定期テストの5教科男女別校内順位を学年ごとに平均したものです。

 

1年生のときは29番前後だった順位が、2年生になってグンと上がり、3年生の2学期には最高順位2位の成績をとるようになりました。

 

業者テストでも、1年生の頃は偏差値55前後でしたが、最高偏差値67をとるまでに伸びました。

 

成績が急に伸びた要因を本人に聞いたところ、2年生の初めに英語の文法を理解したら、英語が得意になったということでした。また、理科と社会で安定した高得点を取れるようになったので、やや苦手な数学や少し不安定な国語をカバーできるようになったようです。

 

5教科のうちの3教科が安定して点がとれるようになると、成績があがっていくことを実感しました。

 

もちろん英数国の3教科が安定すればベストなのですが、なかなか難しいですね。

だったら、先に理科と社会を得意にしていくべきだと思います。理社は覚えれば伸びる科目ですので。